ミラク./食品EC向けに新拠点/冷凍冷蔵庫備え梱包から発送まで代行

 配送代行を手掛けるミラク.(本社兵庫県、吉田宗平社長、(電)078―903―5666)は9月、冷蔵・冷凍食品の梱包~発送までをワンストップで行える物流拠点を兵庫県神戸市内に開設する。新拠点の開設によって、EC企業のギフト商材の発送や、セール時の対応をより強力に支援できる体制が整うという。
 ミラク.が開設するのは、冷凍庫と冷蔵庫がつながった特殊な冷凍冷蔵庫を備えた倉庫。この「冷凍冷蔵庫」を持つのは現状、ほぼ大手食品メーカーだけに限られているという。
 冷凍冷蔵庫では、冷凍庫から食品を冷蔵庫に運び、冷蔵庫内で詰め替え・梱包することができる。一般的な冷凍庫では、取り出した商品が常温で劣化してしまうため、冷凍庫内の段ボールをそのまま出荷することしかできないことが多かったという。
 同社は冷凍冷蔵庫を使った配送代行サービスを、食品ECをターゲットに今後提供していく。
 梱包~発送がワンストップで行えるため、「セット商品のバニラ味を、1本だけチョコ味に変える」といった対応もできる。消費期限の短い冷蔵商品を冷凍・解凍することにも長けているため、セール前に在庫を積み上げて繁忙期に備えることもできるという。
 冷凍庫のスペース料が、1パレット(1100ミリメートル×1100ミリメートル)の大きさで月額1万円程度。梱包・発送などには別途料金が発生する。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ