アマゾン/電子書籍の最安値条項を撤廃/公正取引委員会に報告

 アマゾンジャパンは8月4日、Amazonでの電子書籍の配信について、価格を最安値にすることなどを条件とする契約条項を撤廃すると、契約する出版社等に通知した。公正取引委員会は8月15日、Amazonのウェブサイト上で電子書籍の配信サービスを行うアマゾン・サービス・インターナショナル・インク(ASII)から同条項を撤廃するとの報告を受けたと発表した。
 ASIIではこれまで、競合サイトの電子書籍配信サービスで提供する条件と同じ条件を求める契約条項「同等性条件」を、出版社側に求める契約を締結していた。公正取引委員会では、同等性条件が競争性を阻害し、他の電子書籍配信事業者の新規参入を阻害する恐れがあるとして懸念していたという。
 ASIIは、同等性条件を行使しないことを自発的に決め、公正取引員会に報告したとしている。今後締結する電子書籍関連契約において、同等性条件を定めないことや、講じた措置を最低5年間実施することなども報告している。
 この条件は電子書籍関連契約だけでなく、マーケットプレイスの全ての出品者との間にも定められていた。公正取引員会では、この条件が独占禁止法の疑いがあるとして、アマゾンジャパンに対して審査を行っていた。この件については、アマゾンジャパンが自発的に条件を撤廃したとして、公正取引委員会が6月1日に報告を行っていた。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ