ビイ・フォアード/韓国中古車ECと提携/「左ハンドル」在庫を強化

 中古車の越境ECを手掛けるビィ・フォアード(本社東京都、山川博功社長)は7月21日、韓国国内で中古車ECを手掛けるKBキャピタル(本社韓国ソウル市、パク・ジウ社長)と業務提携を行った。KBキャピタルが持つ「左ハンドル」の商品をビィ・フォアードでも販売することで、在庫拡充につなげる。
 KBキャピタルは、韓国の金融機関のグループ企業で、中古車のBtoC販売サイト「KBチャチャ」を運営している。
 ビィ・フォアードはこれまで、日本国内で右ハンドルの中古車両を仕入れて販売していたため、左ハンドルがメインの市場では苦戦していた。韓国車は左ハンドルが中心。今後は「KBチャチャ」掲載車両のうち、輸出向けの400台をビィ・フォアードのサイトに掲載。左ハンドルの車両の在庫拡充で市場開拓につなげる。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ