ベガコーポレーション17年3月期/売上高は109億円/新商品の販促効果で増収

 家具のECサイト「LOWYA(ロウヤ)」を運営するベガコーポレーションの17年3月期における売上高は、前期比31.4%増の109億6000万円だった。純利益は同120.2%増の7億8600万円を計上。インテリアや家電、アウトドア用品など新商品の販売促進に注力したことで、増収増益を達成した。
 主力の家具に加えて、家具以外のジャンルを強化することで、ECサイトの集客力を高めている。家電のプライベートブランド(PB=自主企画)商品では、除湿器や扇風機といった季節商品が順調に推移。アウトドア用品は、テントが売り上げを伸ばしている。
 家具についてはフランスベッドと共同開発したマットレスを発売したほか、国産の食器棚やテレビボードなどが順調に推移した。
 越境ECモールの「DOKODEMO(ドコデモ)」の流通額は非公開ながら、伸長しているという。利便性を向上させるためのシステム開発や、認知度を高めるために宣伝を行った。
 今期(18年3月期)の売上高は同25.0%増となる137億円、純利益は同26.2%減の5億8000万円を見込んでいる。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ