夢展望/宝飾品販売会社を買収/新規分野に参入し売上拡大

ニッセンHD参加のトレセンテを買収

 レディースファッションECの夢展望は4月28日、ニッセンホールディングス(HD)からブライダルジュエリー販売のトレセンテ(本社東京都、小鑓洋亮社長)の株式を取得し、完全子会社化した。アパレル以外の分野に参入し、売り上げ拡大を図る。
 トレセンテは全国に11店舗を展開し、ブライダル誌などへの広告で集客してきた。ただ、少なくとも直近3期は赤字を計上し、17年2月期には債務超過に陥っていた。親会社のニッセンHDも経営再建中で、トレセンテの売却を決めた。
 夢展望はトレセンテの全株式を1円で取得。アドバイザリー費用などで1900万円を支払う。
 夢展望が抱える約160万人の会員は、未婚の若年層が多く、トレセンテの顧客になり得るとみている。EC事業で培ったWEBプロモーションのノウハウを生かし、トレセンテの集客力拡大につなげたい考えだ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ