ニッセン/ラージサイズに特化/ファッションECモール開設

モール開設を記念して都内でファッションショーを開催した

 ニッセン(本社京都府、羽渕淳社長)は4月6日、ラージサイズのアパレル商品に特化したファッションECモールを開設した。さまざまなブランドのラージサイズアパレルを紹介しているのが特徴で開設時には39ブランド・700アイテムを掲載している。ラージサイズファッションの販売で先行しているメリットを生かすとともに、独自性のある商品群で他社との差別化を図る。
 開設したのはファッションECモール「Alinoma(アリノマ)」。「フィラ」「エドウィン」「アースミュージック&エコロジー」など、国内の39ブランドによるラージサイズ商品を紹介している。
 ニッセンは「スマイルランド」のブランド名で、ラージサイズファッションを通販カタログや店舗で販売。店舗は12店舗をイトーヨーカドーやアリオなどに出店している。
 過去6年間に230万人のLLサイズ顧客を獲得。既存顧客の230万人にファッションモールの利用を提案することで、購買単価の上昇やLTVの拡大を図る。
 新規顧客に対しては、一つのモールでさまざまなブランドのラージサイズが比較購入できることを訴求しながら、新たな市場を開拓。店舗を活用した試着サービスなど、オムニチャネル的な構想も計画している。
 モール開設を記念して同日、東京・六本木でイベントを開催。タレントのダレノガレ明美、バービー、おかずクラブ、モデルが「アリノマ」の商品を着用してファッションショーを行った。

ECモール「アリノマ」のトップページ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ