松屋/中国に越境EC/訪日中国人のリピート購入促す

新設した越境ECサイト

 百貨店の松屋は3月21日、中国向けの越境ECサイトを開設した。ベビー用品や化粧品など約700品目をそろえた。訪日中国人客にリピート購入を促したり、現地での販促を強化することで売り上げ拡大を目指す。
 松屋は越境EC支援のAzoya International(Azoya)の支援を受けて越境ECを開始する。中国人向けの自社ECサイトを開設することで松屋ブランドの認知拡大も図る。
 中国の大手SNS「Wechat(ウィーチャット)」のQRコードによる連携機能を活用して、店頭で訪日中国人とのつながりを促進する。帰国後もウィーチャットを通してコミュニケーションを図ることで、越境ECサイトの利用を促す。
 「中国客の帰国後のリピート購入促進を目的として越境EC事業に取り組む」(今井幸夫執行役員顧客戦略部長)と話す。
 現地での販促や受注後の商品発送、カスタマーサポートはAzoyaが代行するという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ