集英社/メディアコマースサイトに刷新/「コンテンツ力」前面に

リニューアルされた「フラッグショップ」

 集英社は2月23日、運営するアパレルECサイト「フラッグショップ」を情報発信型のメディアコマースサイトとして刷新した。出版社の強みであるコンテンツ力を前面に押し出すことで他社との差別化を推進する。
 新サイトの目玉として、お薦めのアイテムやスタイリングをバイヤーが発信していくコンテンツを新設した。トレンド情報を盛り込んだブログも設ける。ユーザーが身近に感じられるバイヤーを起用することで、ファンの獲得や売り上げ向上につなげていく狙いだ。
 「フラッグショップ」の開設10周年を機にサイト刷新に踏み切った。「以前からメディアコマースとして提供してきたが、出版社としてコンテンツを発信するという意識をより強く押し出している」(ブランド事業部ダイレクトマーケティング室)と話す。
(続きは、「日本ネット経済新聞」3月9日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ