ecbeing/SaaS版の提供開始/価格・納期で導入しやすい新モデル

 ECサイト構築支援大手のecbeing(イーシービーイング、本社東京都、林雅也社長、(電)03―3486―2631)は2月1日、ECサイト構築システムをネット経由で利用できる「SaaS(サース)版」の提供を開始した。国内最大級の導入実績を誇る「パッケージ版」で培った機能を盛り込み、価格や納期において導入しやすいサービスとして提供する。カスタマイズや機能の自動バージョンアップに対応している点も強みだという。
 これまではECサイト構築システム「ecbeing」を、システムを作り込み導入する「パッケージ版」として提供してきた。「パッケージ版」では950サイト以上を構築し、大手中堅企業向けシステムとしては国内トップシェアの構築実績を誇るという。
 「パッケージ版」を提供する中で、「より安価に導入したい」「すぐにサイトを構築したい」「そこまで作り込みは必要ない」「常に最新機能を使いたい」といったニーズを聞き、「SaaS版」の新モデル「ecbeing SaaS」の提供を決めた。
(続きは、「日本ネット経済新聞」2月9日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ