ナビプラス/サイト内検索で新機能/属性に合わせた表示が可能に

 EC支援のナビプラス(本社東京都、篠寛社長、(電)03―5456―8017)は12月12日、サイト内検索エンジン「NaviPlusサーチ」において新機能の提供を開始した。ECサイトで商品を検索した際、ユーザーの属性に合わせた検索結果を表示できるようにした。通販サイトの利便性を高めることができるという。
 新機能の「リスコアリング」は、会員情報や季節要因などを加味した検索結果を表示することができる。ユーザーが検索結果の「並べ替え」や「絞り込み」といった作業を行う必要が少なくなり、ECサイトの離脱防止や利用率の向上に役立つという。

(続きは、「日本ネット経済新聞」12月22日・29日合併号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ