coogee/韓国アパレルECサイト新設

新設した「ピピロッティ」

 アパレルECのcoogee(コージー、本社東京都、鳥居敦史社長)は9月21日、韓国アパレルのECサイト「pipi lottie(ピピロッティ)」を新設した。
 ターゲット層は、10代から24歳前後までの女性。
 韓国企業のECサイトを利用する際、関税などの手続きで困惑する日本の消費者が多かった。
 安心して韓国アパレルを購入できるようにECサイトを開設した。
 今後は、より「ピピロッティ」から購入することに付加価値を感じることができるよう、ブランディングに取り組むという。
 現在は環境に対する配慮として簡易な梱包を使用している。今後は、ショップ名が入ったパッケージを導入したり、購入者に対するメッセージカードをパスポートのようなデザインにすることなどを検討している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ