マルコメ/越境ECに参入/台湾向けサイトを開設

 大手みそメーカーのマルコメ(本社長野県、青木時男社長)は9月16日、台湾向けの越境ECサイト「丸米官方購買網」を開設し、越境ECに参入した。
 今後は「タイ、ベトナム、シンガポールなど東南アジア向けの販売も計画している」(広報部)と言う。
 参入の背景については、「台湾にも味噌メーカーはあるが、即席みそ汁はあまりなく需要があると判断した」と言う。
 商品ラインアップは、フリーズドライの即席みそ汁や、カップタイプの即席みそ汁など25品目。価格帯は250~1000円。取り扱い商品については「随時拡大していく」(同)としている。
 決済方法としてはクレジットカードのみを採用した。配送は日本郵便の国際スピード郵便(EMS)を利用する。同サイトの構築には、越境EC支援を手掛けるスターフィールド(本社東京都、星野翔太社長)が提供する「LaunchCart(ローンチカート)」を利用した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ