東京メトロ/地下鉄で荷物を輸送/宅配便会社と実証実験実施

東京・江東区にある車両基地で模擬荷物を使って実験を行った

 東京地下鉄(東京メトロ)は9月9日、ヤマト運輸や佐川急便など宅配便事業会社と共同で、地下鉄を使って荷物を輸送する実証実験を公開した。東京メトロの車両に荷物を積載。東武線と直通の専用ダイヤで輸送した後、トラックで物流拠点に搬出する。交通渋滞やトラックのドライバー不足などの解消に生かせるかを探るのが目的。今年10月まで合計10回の実験結果を実施、実用化を検討する。
 実証実験にはこのほか、東武鉄道と日本郵便が参加する。東京・江東区にある東京メトロの車両基地で摸擬荷物を使って実験を実施した。トラックが運んだ荷物をフォークリフトで地下鉄の車両に搬入。荷物の固定や列車の出発まで一連の作業を報道陣に公開した。
 東京メトロ・有楽町線から東武東上線までの区間を利用して9~10月、合計10回の実証実験を行う。埼玉・比企郡にある東武東上線の駅に到着した荷物を、トラックで物流拠点に輸送する「拠点間輸送」も実施する。
 実証実験について東京メトロは「車両基地のスペースや駅と、お客さまとの動線の集中をいかに解決するかが大きな課題」(企業価値創造部・小泉博課長)と指摘。ヤマト運輸は「道路規制や渋滞に左右されない多頻度なサービスが提供できる」(ネットワーク戦略部・佐野出プロダクトマネージャー)と期待感を示した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ