Hamee/中国越境EC支援を開始/ジェネレーションパスと提携

ジェネパが運営する中国の越境ECモール「洋桃派」

 Hamee(ハミィ)は9月13日、ジェネレーションパス(ジェネパ)と業務提携し、中国への越境EC支援を開始すると発表した。一元管理システム「ネクストエンジン」の利用企業が、ジェネパが中国で運営するECモールに出品できる仕組みを構築する。
 ジェネパは7月、中国のEC企業と資本提携し、中国で越境ECモール「洋桃派」の運営を開始した。「ネクストエンジン」と「洋桃派」をシステム連携することにより、国内のEC企業が手軽に中国への越境ECを実現できるようにする。
 「ネクストエンジン」はすでに、米国のECモール「アマゾン」「eBay(イーベイ)」などとシステム連携している。9月13日時点で100社以上の「ネクストエンジン」利用企業が越境ECに取り組んでいるという。今後も越境ECの支援体制を強化していく考えだ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ